4TH-MARKET

F O O D W A R E

目止めのお話

我が家にも新商品の壷鍋がやってきました!どこか懐かしく品もあって、使うのがとても楽しみです。

今日は、土鍋を購入されたらまず始めにやって頂きたい「目止め」についてご紹介します。

目止とは、片栗粉やお米を入れた煮汁で土鍋や陶器の表面の細かい穴をふさぐことです。

未使用の土鍋は、荒い土を使っているため水が染み込みやすく、沸騰しにくい状態。目止めをすることで素材の目が適度につまり、沸騰を促すようになります。

目止にはシミやカビを防いだり、臭いをつきにくくする効果もあります。

片栗粉やお米のでんぷん質で器の表面をコーティングするイメージです。

最初はひと手間かかりますが、より快適に長くご使用頂くために、ぜひ一度行ってください。

<目止めのやり方>

  1. 土鍋をさっと洗い、よく乾燥させます。
  2. 土鍋に水を8分目入れ、片栗粉を大さじ1入れて混ぜ、火をつけます。入れる片栗粉の量は鍋の大きさに比例します。(5号で1杯、9号で2杯程度)火にかけている間は片栗粉が焦げ付かないように時々かき混ぜてください。※片栗粉の他に、小麦粉、お米のとぎ汁でも代用できます。
  3. 沸騰したら火を止めます。よく冷ましてから土鍋を洗い、乾いた布で拭いて風通しの良いところで自然乾燥させてください。次回より、そのままお使い頂けます。

土鍋のお取り扱いについてホームページでもご紹介しています。よろしければご覧下さい。

Leave A Message

*
*
* (公開されません)